感想掲示板

あなたのSFコンテスト参加作品用の感想掲示板です。どしどしご感想をお寄せください。
【辛口不可】の作品には、辛口感想はお控えください。
感想返信解禁しました。ご自由にどうぞ。
HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用


[54] 名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:あなたのSFコンテスト 2014/07/27(日) 01:34 [ 返信 ]
作者名:
名明 伸夫


作品名:
シュレディンガーの魚


分類:
掌編


あらすじ:
──あなたは"初恋"を覚えていますか?──

英明、健二、美由紀。三人の幼馴染みが織り成す、初恋をテーマに描いた作品です。


URL:
http://ncode.syosetu.com/n2727cf/


[80] 猫が魚に Name:お茶龍 2014/07/27(日) 03:13
こんにちは初めまして。
猫が魚になっちゃったんですね、ちょっとしたゲームみたいな。
温かみのある爽やかな読了感でした。


[124] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:百里芳 HOME 2014/07/27(日) 18:35
シンプルな文体で読みやすく、それでいて素っ気なくない。「シュレディンガーの猫」を使った青春ストーリーという感じで、読後感もさわやかでした。

話の流れがスムーズでした。お手本にさせてください。

[139] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:へげぞぞ 2014/07/27(日) 19:29
シュレデンガー方程式を扱った作品はなかなか好みであります。
初恋を題材にとった作品でありますが、最後、主人公に兆しが見えますが、もう一人の男の子がチャンスが与えられていないのは何だか不公平な主人公補正のような気もしました。

[169] 未来の選択 Name:栖坂月 2014/07/28(月) 09:22
二つの時代の対比と変化、堪能させていただきました。
アイデア自体はそれほど驚くレベルにはないと思いますが、シンプルでわかりやすい内容は素直に目から脳へと流れ込みます。描写がそれほどなくとも生き生きして見えるのはそのためでしょう。
この作品は、一見偶然やフェアな賭けを装っていますが、本質は友人の意思一つで決定しています。そういう意味では確率論というより意思決定によって未来が決する運命論のような話になっているような気がします。まぁ友人のやり方はシュレディンガーというより手品師や詐欺師のそれでしたが。
それでも、誰かの意思によって未来が創られているのだという爽やかな話に纏まっていることは間違いありません。爽やかすぎて身体が溶けそうです。
一方で、特に目立つ悪い部分はありませんでしたが、特筆すべき魅力に乏しかったのが欠点らしい欠点でしょうかね。故にこそ完成度は高いと思います。
楽しませていただきました。
それではー


[176] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:ミナミ ミツル 2014/07/28(月) 17:42
箱に入っているのは未来の可能性って考えるとゾクゾクしますね。
健二の箱の中の可能性についてさらっと言ってしまえるセンスが好きです。


[181] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:キョウノ アリス 2014/07/28(月) 20:29
爽やかな文体とても読みやすくわかりやすかったです。結末の後にまた結末というオチ。そして、あの時の選択が違っていたら・・・と思ってしまいました。
楽しませていただきました。


[224] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:有海凛 2014/07/29(火) 20:56
読後、ああ良いなあ、と思えるお話でした。
キャラクターに魅力があり、文章もわかりやすくて良かったです。
健二くんかっこよすぎか……。

[231] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:ナマケモノ HOME 2014/07/30(水) 00:13
どうしよう、欠点って呼べるものがない作品でした。一見、何気ない三角関係のお話かと思いきや、それを裏切る構成になっており、完成度の高さに驚かされています。
 不満があるとすれば、ちょっと綺麗に纏まりすぎており、山場が弱いところでしょうか。
 男子2人がヒロインのどこが好きなのか具体的なエピソードや動機が明記されていれば、シュレティンガーのお魚さんたちによってもたらされる、中盤の緊張感が説得力を帯びたように感じられます。
 今のままだと、ヒロインの魅力を読者に伝えきれていない部分があるように思えました。

[352] 微妙な駆け引き Name:桐谷瑞香 HOME 2014/08/02(土) 16:42
お題の使い方や駆け引きが上手い小説だと思いました。
『シュレディンガーの猫』という有名な内容から、それにひっかけて『シュレディンガーの魚』のやりとりしているのが、まず上手いなと思った点。その後のネタばらしは、様々な未来へと発展する内容も出ていて、面白いなと思いました。
いい意味で健二さんが大人でいい人過ぎるました……。
2人の男の過去と未来の微妙な駆け引きが楽しかったです。


[368] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:鳥野新 2014/08/02(土) 21:19
 いいですね、男の友情って。
 爽やかな読後感でした。

[418] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:HEO 2014/08/04(月) 20:33
すっごい良かった。
なんかぐっときました。同じ条件のようで、全く違いますよね。だって、健二君は全て知っていて話しをしたわけだろうし。
読み終わったあとの爽快感は皆様あげてますが、本当に良かったです。また読みたいなって思いました。

下記は参考程度に。
好き嫌いがありますから。
僕は読める漢字は特にルビは不用と感じました。美由紀とかいて、みゆうきと読むなら必要だと思いますが、角田も同様でそれ以外に読み方のない漢字はルビはないほうが読みやすいと思います。

[447] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:URA 2014/08/06(水) 14:59
良い話でした。
人付き合いが希薄になる昨今、このような友人を得る事が青春の醍醐味なのではないでしょうか。

シュレディンガーの猫を題材とした話として、なんとなく先は読める話では有りましたが、短いながらも登場するキャラクターが良く出来ておりとても読みやすいお話でした。

こぶ付き再婚という未来も非常に今風な感じがしますw


[511] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:ユウスケ 2014/08/11(月) 16:20
いきなり未来に場面転換する構成はよかったですね。物悲しい雰囲気がありつつも、最後は未来への希望を感じました。

[520] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:Himagine 2014/08/12(火) 01:23
さっぱりした読み口ですね。
緊張感が高まったところを小粋な健二君に転がされました。
この場合のシュレ猫は”どっちでもある”ではなくて”どっちでもない”という落とし穴が用意されてるんですね。

[972] 多分、自分より少し上の世代の… Name:天崎剣 HOME 2014/09/03(水) 23:58
冒頭、過去部分だと知らずに、何か昭和クサいなぁ、セピア色だなぁと思いながら読んでいました。
というのも、ネーミングが昭和っぽかったのですよね。ここは作者さんも、時代設定からして、この名前が良いだろうと付けたのかなぁと、一人どうでも良いところに気を取られて読んでいました。

シュレディンガーの魚を使った駆け引きは、面白いと思います。
青春真っ只中な二人の少年の爽やかさも光ります。

なんとなくですが、80年代青春ドラマっぽい雰囲気がしました。
爽やかな空の青と、潮風。
こういうのは、自分たちの青春時代にはなかったな。(というか、そもそも青春時代などあったのかどうか)
楽しませていただきました。


[1229] 演出がにくい Name:森都いずみ 2014/09/08(月) 00:05
普通の高校生男子なら、「おい、美由紀に彼氏が・・・・」と率直に言っていたと思います。でも、自分も傷ついているはずなのに、友達を思いやり、「シュレディンガーの猫」から魚に変えて、ワンクッションを置くところ、親友を思いやる心づかいがいいですね。

大人になっても、一度は好きになった人には幸せでいてほしい、と思います。この健二くんはいい人ですね。英明くんはいい友人を持ったと思います。

[1260] オチはいいけど…… Name:諏訪実 2014/09/08(月) 08:24
SFというより青春小説ですね。

[1323] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」【ネタバレ、トラウマ(笑)注意】 Name:小豆犬 2014/09/09(火) 11:01
「シュレディンガーの魚」拝読しました。文章構成のすばらしさに拍手。特に、クーラーボックスの回答を後半に持っていったのはおみごと。ついつい時系列に沿って描いてしまいそうな状況にもかかわらず、敢えて後半に持って来ることで、主題が生きた。かなり綿密なプロットを構成して、きっちりと推敲を重ねた結果だと思います。心理描写についても、的確な引きを使う事で自然に感情移入できました。こんな風に緻密な物語を作るのが憧れでした。
 内容については、健二がいい人過ぎて、主人公よりも、健二の内心を伺いながら読み進めました。中でも、初恋の人に結婚式でスピーチして貰うのってどんな気持ちなんだろう、もう思いが無いのならばいいのですが、彼女の事を見守り続けていた描写からすると、なかなか辛い心理状況ではと。勝手な想像ですが、健二はできちゃった婚かなと。
 「シュレディンガーの猫」のパラドックス自体が、量子論における重なりあった状態を否定するために、そしてシュレディンガー自らの波動関数自体も否定してしまった事に対するやけくそ的な命題として捉えている私にとっては、健二の生き方こそがシュレディンガー的だなと感じました。
 あと、余談ですが、「シュレディンガー」の言葉を聞く度に、ある鬱アニメのトラウマが蘇ります。開けて見るまで分からない。ザクザク、「中に誰もいませんよ。」(S○hool d○ysより)
 この作品のおかげで、「シュレディンガー」に明るいイメージが持てました。
 なんかへんてこな感想になってしまいましたが、とても楽しく読ませていただきました。文章構成の上手さ、三人の丁寧な心理描写に唸らされた作品でした。
 トラウマも軽減できたし。


[1647] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:真崎@M's Works 2014/09/19(金) 07:01
 正統派かつ大人の恋愛もの、だろう。
 これは前後編に分けたのがうまかった。
 欠点といえば、健二がいいキャラすぎて英明が何もしていないようにしか見えないことだろうか。
 このあとの話も見たいような、もう見えてるから十分なような。


[1761] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:尚文 2014/09/21(日) 22:15
前篇で引っ張り、後編で落ちを出すという作品の構成は、次のページをめくるのが楽しくなる作品そのものだったと思います。
青春恋愛作品で、過去の恋がこれからの二人にどんな関係を築かせるかが気になる作品でした。

[2104] RE:名明 伸夫「シュレディンガーの魚」 Name:右野前条 2014/10/04(土) 23:05
タイトルにもあるネタは面白い。
ただ、恋愛ものとしては、ちと弱いかという印象がないでもない。

過去編にしても現在編にしても、感情描写が物足りない。
そのために、タイトルのネタのほかは、どうも薄い。
三十手前になっての思い出の初恋というには、随分とあっさりとした印象を受ける。
浅いだけに破綻はないが、もう少し踏み込んでもしっかり書けたのではないかなと思わざるを得ない。
総じて勿体無い一品。


  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ Progoo